アレックス・G・コウティーノ

Alex Godwin Coutinho
アレックス・G・コウティーノ
ウガンダ
パートナーズ・イン・ヘルス-ルワンダ常任理事

プロフィール及び略歴


アレックス・G・コウティーノ博士は33年間にわたりアフリカで医療と公衆衛生の普及に尽力した、健康分野における世界的リーダーである。現在は、パートナーズ・イン・ヘルスのルワンダ常任理事、そしてニューヨークに本部を置く国際エイズワクチン推進構想の理事長を務める。
1982年にHIV/AIDS感染病がウガンダで発見されて以来、長年HIV感染病に携わり、スワジランドとウガンダでの大規模なHIV感染拡大防止やケアと治療を行うプログラムを構築、主導し、さらに内科医として数年間HIV陽性者への直接ケアと治療を行なう。2001年から2007年までTASO(AIDS Support Organisation)の役員を務め、前任者の事業を引き継ぎ、ウガンダのHIV陽性者へのケアと治療のサービスを100,000人にまで拡大した。
2007年から2014年、カンパラに所在するマケレレ大学の感染症研究所所長を務め、HIVケア拡大のためのチームを指揮し、ウガンダの8地区105,000人に対して治療を施し、36か月で140,000人の若者の包茎手術を行った。さらにIDIはSaving Mothers Giving Life Initiativeの取り組みを主導し、人口800,000に対し、妊婦死亡率を18カ月間で30%縮小することに成功。2015年には、西アフリカで発生したエボラ出血熱に関してナイジェリアの学術機関に初期対応チームを組織し、訓練と育成に携わり、カリフォルニアのサンフランシスコ大学San Francisco Pre-Term Birth Initiativeと協力し、東アフリカへの介入の土台を作る。2015年9月、ルワンダにて腫瘍学、新生児領域、メンタル・ヘルス領域、そして非感染性疾患(NCD)の分野において厚生省が進める革新的な医療プログラムの成立に向けたチームを指導する。
コウティーノ博士はグローバル・ファンドの臨時委員、GFATMの技術審査パネル(TRP)の副委員長、抗微生薬学国際パートナーシップの議長の経験を持ち、2013年にはピーター・ピオット博士と共に野口英世アフリカ賞という名誉ある賞を受賞する。


委嘱状交付の写真


左より、あしなが育英会会長玉井、コウティーノ氏

賢人・達人会
  • メンバーリスト
  • 寄付について
  • 世界がわが家