ストライブ・マシイーワ

Strive Masiyiwa
ストライブ・マシイーワ
ジンバブエ
エコネット・ワイアレス・グループ創設者兼会長

略歴

● エコネット社(Econet)の創設者で、会長も務めている。同社は、15ヵ国を超える国々で投資や多角的な事業を展開する、通信分野のグローバル企業である。また、再生可能エネルギーや金融サービス、ホテル・レストランのようなサービス業についても、ビジネスの視点から関心を持っている。

● 以下の国際機関の取締役も担っている:
ロックフェラー財団、外交問題評議会 国際諮問機関(Global Advisory Board)、アフリカ進捗パネル、持続可能なエネルギーのための国連事務局長諮問機関、モレハウス大学、ヒルトン財団の人道主義賞審査委員会

● サー・リチャード・ブランソン氏と共に、世界的なシンクタンクであるカーボン・ウォー・ルーム(Carbon War Room)の創設者の一人で、Global Business Coalition on Education(教育におけるグローバルビジネス連合)の創設メンバーである。

● コフィー・アナン氏からアフリカ緑の革命同盟(アグラ)(Alliance for a Green Revolution in Africa‐AGRA)の会長職を引き継いでいる。また、栄養の改善のために活動している国際団体Micronutrient Initiative(MI)の会長も務めている。2012年には、オバマ大統領からの招待で、キャンプ・デービッドにて開催された第38回主要国首脳会議で、アフリカの複数の地域でいかに食糧生産を増やし、飢餓を撲滅するかについて、リーダー達に講演を行った。

● 慈善家として、「ギビング・プレッジ」(The Giving Pledge、寄付誓約宣言)のメンバーにもなっており、教育や健康、開発のための同氏の貢献は、広く認識されている。また、マシイーワ氏と夫人は、42,000人以上のアフリカの遺児達に奨学金を提供する、Higher Life Foundation にも資金を支援している。2014年には、雑誌『フォーチュン』 (Fortune Magazine)の「世界のもっとも偉大なリーダー50名」(World’s 50 Greatest Leaders)に選ばれた。

賢人・達人会
  • メンバーリスト
  • 寄付について
  • 世界がわが家