ボレッテ・クリステンセン

Bolette Christensen
ボレッテ・クリステンセン
デンマーク
デンマーク児童基金会長

略歴

コペンハーゲン大学でビジネス心理学を専攻し、1991年に心理学の修士号を取得した。また、スカンジナビア国際経営研究所のエグゼクティブMBAを取得している。
1990年に保険業界の経営開発コンサルタントとして職業キャリアを開始し、その3年後に自身初めての管理職に任命された。1年後、1994年から2003年にかけて、デンマーク産業連盟の経営開発部門の長に任命された。2003年に、デンマーク産業連盟副議長に昇進し、2008年にデンマーク産業連盟議長に任命されるまでその地位にあった。
2011年にBØRNEfondenのCEOに任命され、現在もその地位にある。この任務では、持続的な開発は子供、家族、コミュニティから始まるという考えに基づき、アフリカの青少年の発達の強化に取り組んでいる。
現在も多数のラジオ、文字メディア、新聞、コラム、TVへの出演・発表で、オピニオンリーダーとして活躍し、その意見は広く取り上げられている。また、経営に関する、多数の書籍を出版している。
また、若者の社会経済的および教育開発に焦点を当てた、理事会の長を多数務めている。

メッセージ

賢人達人会のメンバーに任命され、たいへん栄誉なことと感じています。アフリカの若者の教育を促進し、孤児としての困難な状況を乗り越えて偉大な人物に育成するという、あしなが育英会の目的を支援することをここに誓い、また、今後の発展を大いに期待しています。


委嘱状交付のお写真


賢人・達人会
  • メンバーリスト
  • 寄付について
  • 世界がわが家