マリアンナ・ヴァルディノヤニス

Marianna V. Vardinoyannis
マリアンナ・ヴァルディノヤニス
ギリシャ
ユネスコ親善大使

プロフィール

アテネ生まれ。夫は実業家でモーター・オイル社社長のヴァルディノヤニス氏。子供は5人。

現役職:
・児童保護分野のユネスコ親善大使 (1999年~)
・「子供と家族のための基金」、マリアンナ・ヴァルディノヤニス基金の創設者/理事長
・「ELPIDA小児ガン患者友の会の創設者/会長

学位:
経済学学士
美術史学士
考古学修士
法律/哲学/人間学名誉博士

受賞歴:
・フランス共和国よりレジオンドヌール勲章
・ギリシャ共和国より「善行に対する黄金十字勲章」 (Golden Cross of the Order of Benefaction)
・アテネ・アカデミー賞

会員資格:
・ユネスコ親善大使
・ユネスコ文化オリンピアード国際推進事務局長代表
・アレクサンドリア図書館評議委員会委員
・指導者基金 (Mentor Foundation) 評議委員会委員
・スザンヌ・ムバラク女性国際平和運動評議委員会委員(スイス、チューリッヒ)
・平和文化国際委員会基金委員(スペイン)
・失踪・虐待児童欧州局ギリシャ代表
・パルテノン・マーブル返還運動国際関係ディレクター(英国)

ヴァルディノヤニス女史は、子供の人権や健康、教育、貧困、人身売買、麻薬防止、気候変動、平和文化、文化間の対話、世界文化遺産の保護を中心に、これまで数多くの社会的、人道的な運動に関わってきた。


メッセージ


あしなが育英会の崇高な目的と優れた取り組みに貢献できる素晴らしい機会を与えられたことに、心から感謝しています。


委嘱状交付の写真


関連情報

ギリシャの賢人、マリアンナ・ヴァルディノヤニス氏に委嘱状をお渡しする

賢人・達人会
  • メンバーリスト
  • 寄付について
  • 世界がわが家