ジュリー・アズマ

Julie Azuma
ジュリー・アズマ
アメリカ
Different Roads to Learning創始者

プロフィール・略歴


娘が6歳の時に自閉症と診断されたことを機にアパレル業界を辞め、自閉症の子ども向けの教育用品に特化したニッチ事業、ディファレント・ローズ・トゥ・ラーニング(Different Roads to Learning)を創設した。当時、自閉症児を持つ家庭は、自閉症に特化した教材を入手できなかった。アズマ氏は、子どもが言葉を学び、親が子供に行儀を教える助けとなる商品を見出し、世界中の学校、機関、そして直接家庭に対して、自閉症児のニーズに応えてきた。
 また、自閉症と診断された300人を超える人が可能な限り質の良い生活を送るために、治療初期から生涯を通じ、教育とサービスを提供する機関、“エデンIIおよびジェネシス基金委員会(Eden II and Genesis Foundation Board)”の委員長である。
アズマ氏は、自閉症団体やアジア系アメリカ人社会への尽力に対し表彰されることも多く、また、ニューヨーク日系人会やアジア系アメリカ人の子どもと家族のための連帯(Coalition for Asian Children and Families)など、多くの理事会の一員であり、アジア・ウィメン・インビジネスの元会長である。


メッセージ


教育は、ただ学問的な能力においてだけではなく、社会的な能力や、他者との意思疎通において、様々なレベルで影響を与えるものです。特別な支援を必要とする学生たちから博士号取得候補者にいたるまで、すべてのレベルにおいて教育は成功するための鍵なのです。


委嘱状交付の写真



関連情報


ジュリー・アズマ氏あしなが心塾とレインボーハウス訪問


賢人・達人会
  • メンバーリスト
  • 寄付について
  • 世界がわが家