ウィリアム・イーストリー

William Easterly
ウィリアム・イーストリー
アメリカ
ニューヨーク大学経済学教授、 ニューヨーク大学開発研究所所長

プロフィール・略歴


イーストリー氏は、ニューヨーク大学の経済学教授であり、2009年にBBVAフロンティアズ・オブ・ノウレッジの開発協力賞を授与された同大学の開発研究所 (Development Research Institute) の所長の一人 (Co-director)でもある。著書には”The Tyranny of Experts: Economists, Dictators, and the Forgotten Rights of the Poor”(2014年3月)、マンハッタン・インスティテュートよりフリードリヒ・ハイエク賞を授与された“The White Man’s Burden: Why the West’s Efforts to Aid the Rest Have Done So Much Harm and So Little Good” (2006年)、そして”The Elusive Quest for Growth: Economists’ Adventures and Misadventures in the Tropics”(2001年)の3冊がある。

同氏は論文審査された学術論文を60本以上発表し、ニューヨーク・タイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、フィナンシャル・タイムズ、ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックスやワシントン・ポストにコラムや論評を執筆している。また、ジャーナル・オブ・デベロップメント・エコノミクスの共同編集者やブログ、エイド・ウォッチ (Aid Watch) のディレクターを務めた。NBER研究員、BREAD上級研究員、ブルッキングズの非常勤上級研究員でもある。2008年と2009年にはフォーリン・ポリシー誌 (Foreign Policy Magazine) から「世界の知識人100人」の1人に選出され、トムソン・ロイターでは2014年に高被引用研究者の1人として紹介された。また、サイエンス誌は彼をツイッターの「人気科学者100人」の1人に選出。オハイオ州ボーリング・グリーンの11番目に著名な出身者でもある。

委嘱状交付の写真



関連情報


アメリカの賢人達人 3人が新たにご就任

賢人・達人会
  • メンバーリスト
  • 寄付について
  • 世界がわが家